こんにゃく奮闘記コラム
実録!派遣で働く
転勤族と派遣
欝な気分との戦い
できる できない
行動力が大事
大切なもの
怠けそうになったら
副収入を得る!
ステップ成金♪
技ありの貯金
我慢する事について
投資について
副業の精神的効果
健康の副産物
息抜きとやる気
■転勤族と派遣 〜長期勤められない事情をカバーする働き方〜■

 転勤族の妻の最大の悩みは、引っ越しが多いため長期で一つの職場に勤められない事。ではないでしょうか。正直、私も仕事ではかなり悩みました。しかし、できれば単身赴任させたくないという気持ちをお持ちの妻にとって、見ず知らずの土地で一人家に引き篭っているのも時間がもったいなく、そして生きがいが感じられない。

 私は転勤するたびに、職場を転々としてきました。最初の3箇所ぐらいは、しょうがないと思えたけど、4回、5回と回数が増えるにつれて面接官から私の履歴書を見て、『今回は転勤無いの?』と聞かれるようになり、『たぶん。。。無いと思うのですが。。。』という、なんとも曖昧な返事しか出来なくなり、なかなか仕事が見つからなくなってきました。

 しかし、転勤族といえどもマイホームがほしい!とか、貯蓄したいとか、キャリアを積みたいとか、いろいろ希望はあるわけです。しかし、気持ちとはウラハラに中途半端な勤務年数で辞めてしまった職歴だけが残ります。そこで、転勤族の方にオススメな働き方が、『派遣』だと思います。なぜ、オススメかというと、派遣は一回の仕事ごとに履歴書に記入する必要が無いからです。

 厳密に言うと2006年4月 ○○派遣会社登録と一行書いておけば、派遣先がいくら変ろうと、『この時期は主人が転勤がおおかったので、派遣で短期で働いていました』とか、派遣先から条件に合った仕事を紹介され、働いてました。と軽い感じで面接官に言えます。履歴書にズラズラ勤務先を書くくらいなら、派遣会社を一行かいて、面接官に聞かれた質問だけ答えればいいのです。

 そして、派遣会社に登録する際も、自分が転勤族で今までの経験上、2年くらいしか同じ場所に居られない、またもっと短い1年鹿居られない等、事細かに条件を伝えておけば、それにあわせて仕事を紹介してもらえます。仕事が最初から1年と決まっているのですから、辞めたのではなく、勤務が終了したといえるのです。つまり自分が中途半端だと悩む事も無いので、自信をもって次の仕事にも挑戦することが出来ます。

 転勤族の妻にとって、派遣という選択肢は正に便利ツールです。転勤先の知らない土地で、短期のアルバイトを当ても無く探すのであれば、派遣会社のプロに条件に合った仕事を紹介してもらうのも、一つの手だと思います。転勤族はいろいろ大変ですが、便利なツールを使用して、快適な生活を実現していきたいです。

2006年04月07日
【BACK】 【HOME】