こんにゃく奮闘記コラム
実録!派遣で働く
転勤族と派遣
欝な気分との戦い
できる できない
行動力が大事
大切なもの
怠けそうになったら
副収入を得る!
ステップ成金♪
技ありの貯金
我慢する事について
投資について
副業の精神的効果
健康の副産物
息抜きとやる気
■マネーマスターを目指して 〜そもそもなぜ貯金するの?〜■

 『貯金は何の為にするのか?』こう聞かれたら、さまざまな回答が出てきそうです。ある人は、『老後の為』と答えるかもしれないし、『マイホームの頭金』、『子供の教育費』、『海外旅行に行く為』などなど、人それぞれお金を貯める目的は違うと思います。すると、貯金の仕方、そもそも貯金ではなく株や債権で運用したほうが効率的な場合や、老後の為には貯金も必要だけど、保健も重要だとか、様々なパターンが出てくると思います。

 一番大切なことは、自分が今どんな状況なのか把握する事。そして、自分の年齢、家族構成、健康状態、現在の貯金状態を把握して、今後起こりうる出来事を、できる限り予測する事だとおもいます。例えば、独身の方なら、結婚、新婚旅行、出産、マイホーム購入等。既婚の家持の方なら、また別のライフプランになります。こう考えただけでも、たとえ同じ年齢でも状況によっては、まったく違ったマネープランが出来上がるわけです。

 最近はよく、年齢20歳から30歳の人の貯金の平均は。。。等、こんなに貯金してるの!?と驚かされたり、逆にこんなくらい???と、焦る経験はないでしょうか?私はよく、そのての記事をよんで、一喜一憂しています。でも、よくよく考えたら一人一人年齢は同じでも、状況は誰一人として、まったく同じという事はほとんど無いと思います。なので、参考程度にして、あまり慌てなくてもよいのではないかと、最近は考えています。

 でも、やはり不況は逸したとはいえ、まだまだ雇用不安や、定期昇給が見込めなかったりと、自分の周りには不安な事がたくさんあります。そこで、一番大切なのは、現在の状況把握だと思います。例えば、保険一つにしても、国民年金なのか、会社の厚生年金なのかによっても、将来のもらえる年金に大きな違いが出てきます。それが分かっていれば、自分で個人年金に加入する、貯金を増やす努力をする、国民年金基金に加入する等、選択する事が出来ます。

 今できる事で、最善だと考えられる手段を取れるように、自分の状況把握と社会情勢に目を向ける事は、生きていくうちで切っても切り離せないのが今日だと思います。(自民党はよく、『自助自立』って、かっこいい言葉でいうけど、これって相当厳しい言葉だと思う。。。)これから、ますます個人に与えられる責任が重くなってくるんでしょうか。。。そんな時でも対応できるように、できる限り努力して、よりよいマネープランを立てられるようにしていかなくてはと思う今日この頃です。

2006年4月2日 
【BACK】 【HOME】