こんにゃく奮闘記TOP
はじめに 〜自己紹介〜
サイトマップ
こんにゃく奮闘記ブログ
こんにゃくの貧乏の歴史
今まで経験したアルバイト
現在の節約状況
節約失敗談
サイト運営半年記
2006年度節約状況
2007年度前半節約状況
こんにゃくと貧乏の歴史

1.貧乏な人見かけないんです。。。
最近『あの人は貧乏に違いない!』って人見かけないですね。昔はホームページでも極貧バラエティみたいなサイトたくさんあったのに。。。
最近は前向きなカンジで、『副収入を得よう!』みたいな感じですね。いいですね。

私はどっちかっていうと、極貧バラエティみたいな生活ですけど。。。(#^.^#)

2.あぁ。。。子供時代
子供の頃から、親戚からもらったお年玉を親に取られてました(ToT)
その頃から防衛本能みたいなものが働いて、郵便貯金はじめました。それがきっかけで、お金をためるのが習慣になりました。貯金魂目覚める!?

3.貧乏時代
ところが。。。
 おばあちゃんが認知症で入院。。。しかも大不況到来。。。父はリストラ寸前。。。
今までの生活が一転。自分でも理解できないくらいの生活水準になりました。家賃の安い家に引越し、食パン一斤買えず、1枚2枚で購入。お風呂の水はかえられず、さらに洗濯に使うので、衣類が臭くて、着ると痒くてたまりませんでした。さらに部屋のガラスが割れていたのを、ガムテープでとめて暮らしてました。冬は暖房が使えないので、毛布に包まり寒さをしのいだり。学校に入学してから、すぐバイトにつきました。よくアルバイト先の廃棄処分を許可をもらって食べてました。ゴミ箱からひろって持って返ったこともあります。朝からタッパに白いご飯だけつめて、ふりかけ持って学校に行きました。
 夕方から毎日アルバイト。月数万円くらい稼ぎ、教科書やコピー代、交通費など生活費にしました。あと、車の免許とりました。
 不況と言うこともあって、学生の就職氷河期を乗り越える為に使用しました。貯めるだけでは先が見えなかったので。。。
 また、交通費は私鉄の定期を購入して、2駅分は歩いて定期代を浮かせました。雪の日はつらかったけど、晴れた日はいい散歩でした。

 なんだか、今振り返ると華やかな時代は無かったですね。

4.一番つらかったこと
 やっぱり、年頃の女の子という事もあり、周りの子がブランドのバッグや、かわいい服を着ていたのに、私はいつもジーパンにTシャツや、ユニクロだったことですね。しかも何年にもわたり同じ服。
靴も買えなかったので、スニーカーの底に穴があいたときガムテープで止めていました。
就職活動用スーツも総合スーパーマーケットのセットで5,800円のものです。今だに使用します(ToT)
みんなが百貨店でスーツを購入していると聞くと、ただ沈黙。

5.目指せ!!節約のプロフェッショナル?!
 しかし、こんな貧乏自慢生活をしていた私にも巧妙が!そう!ネットでさまざまな節約サイトを発見した事です!今まで知らなかったお役立ち技、お得なクーポンやサンプル、さらにはネットでお小遣いが稼げる事など、目からウロコの出会いがありました。これは、やらなきゃ損と、いろいろチャレンジしています。
【BACK】 【HOME】