こんにゃく奮闘記TOP
転勤族のライフスタイル
引っ越ししたらまずする事
転勤族の妻の仕事探し
ネットでお小遣い稼ぎ
転勤族の落とし穴
転勤族の通院の工夫
転勤族で良かった事
転勤族とADSL回線
転勤族へのメッセージ
■旦那さんの退職 〜転勤族からの卒業?!〜■

 2005年8月末で旦那さんが今の会社を退職することになった。これが意味する事は、私たちの転勤族生活が一応終わりになると言う事です。今は、ホッとしていると言うよりも、むしろ淋しく感じています。引っ越しのスムーズな方法や、節約方法をあみ出す事に夢中になっていたので、それも今回限りかと思うと淋しく感じたりします。

 旦那さんが転勤族だと、なかなか職にありつけなかったり、生活のサイクルを見出せ無かったりと苦労も多かったですが、新しい友達やお店の発見、うまいもん巡り、新しい仕事につけたときの感動は転勤族でなかったころの数倍でした。そしてここ数年で、『やれば自分にもできるんだ』と少しだけ自信が付きました。

 こんなふうに転勤族を楽しめた大きな要因の一つは、まさにインターネットだったと思います。どこにいても欲しい情報をGETでき、さらにお小遣い稼ぎもできちゃうし、地方に行ってもネットバンクと郵便局を活用できるので不便は感じないし。まさにインターネットは転勤族の必須ツールだと思っています。

 数年前、泣きながら最初の転勤をした事を覚えています。友達もいない、仕事も無い、しかも転勤族だから雇ってもらいにくい。こんな状況で何を楽しみにしていいのかと、よく後ろ向きに考えていました。しかし、今は転勤族だった事が本当に嬉しいです。

 今まで住んだ事の無い地域で友達ができて、仕事について技術を磨く事ができ、さらに地域限定グルメや、レジャースポットも経験できたり。何より一番嬉しいのは、もし引っ越ししなければ、絶対に知り合う事のできなかった人たちと友達になれたり、情報交換できた事です。そういった意味で、私は自分の器や考え方を少しだけ広げる事ができたと思います。

 これで地元に帰っても、また頑張れそうな気がします。もし、現在転勤族でマイナスイメージしか抱いていない方がいたら、このサイトで少しだけ違う方向からも転勤族を捕らえてもらう事ができればと幸いです。住み慣れた町を離れると言う事は、新しい自分や可能性を見つけるチャンスだと思います。『自分にはそんなふうに考えられないわ。。。』という方も安心して大丈夫です。私は特別優れた能力や技術があるわけでもなく、容姿はぽっちゃり系で、中年です。

 こんな特別ではない私が、転勤族は結構いいもんだ、と言っているわけですし。もちろん、手放しで転勤族がラクチンなんていわないですけど、苦労あるから。でも、せっかく与えられた機会である事は確かです。転勤族であるという人生も、また自分の人生です。だから状況がどんなふうであっても、一番幸せだと感じられなきゃ損しちゃうわけです。もったいないので楽しんでしまうことをオススメします★頑張れ転勤族!

2005年8月28日
【BACK】 【HOME】